All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

デートの準備



僕は君と出逢ってね
心の中をいっぱいにしたのだけれど
なんだか焦ったりも
していたのかな

君を部屋に招き入れたくて
掃除をしていた時
深夜まで、コーヒー淹れて、音楽かけて
楽しかったな

僕が楽しかったものだから
雑巾を搾った水も
心を満たす大事なものだった
間違いだったのか、それも、それ以外も

ほら、心が腐っていく
腐食の病に侵された鏡のように
目の前の君も
上手に映すことが難しくなっている

風呂場の壁は
ぶつぶつのカビを蓄えた
ぶら下がったヘチマの
不揃いな楕円のような

ヘチマくんよ
この空間のカビをその身ひとつに凝縮したのかい
そうだ、鏡の腐食も吸い集めてよろしく
君のスカスカにぴったりの仕事かと

ヘチマくんよ
黙ってばかりとは、どういう了見だい
それができないなら
それをしてくれないのなら

本来は君におさまっているはずの
果実、種子、水分、香り
逃げ出してしまったそれらを
取り戻してみてはどうだい


スポンサーサイト

花の残り香



一日前の日没前まで
僕の隣に確かにあった
素朴な顔のその笑顔
プレ・アドレッセンスなコーディネート

それらが包むの小さな胸には
月の灯りで育つであろう
小さな花を咲かせていると直感し
月夜の晩には手を牽いて
なるべくたくさん連れ出そう
そんなことを思っていた
何もかもが愛おしい

18時過ぎ 国道の渋滞は
もうすっかり退屈だ
姿を変えた幻の
溜め息と 薄い涙を携えて
昨日より 短くなった 車間が少し
気になっている 片手ハンドル

何度も覗いた 素朴な顔のその笑顔
また欲しくて、幻と知ってなお、
もう一度だけでも欲しくて、
隣を見るよ

瞳に映す ものなどありや しないのに
馬鹿なことだと 承知の上で
気を落としてまた 馬鹿だと思う
僕の顔には 馬鹿にみえる 笑顔が残る

(――素朴な顔のその笑顔)
窓の向こうの 東の空に
どんより重い 梅雨の雲
はて気付くことなど できただろうか

五月の幻
もう助手席には探すまい
探すのは、僕の心の 中にある
切なくて、あったかい ところ

水晶玉


白馬の王子
確かに夢見た
雪色肌の乙女とて
酒より先に酔うだろう
煙草の味のそのキスに

得られたはずの
完全勝利
あとは私が
負けた振りさえ
出来ていたのなら

何故残る
心に在るは
優しい気持ち

何故残る
瞼閉じれば今も尚
泪の溜まった女の眼

嗚呼、何故ゆえにこの風は
薄い雲をば携えて
満月の
煙草の邪魔をするのだろう

たましい



ベランダに出ると
ノソノソと歩くゴキブリがいた
部屋の灯りが影を塗り
それはひとひらの落ち葉のように
大きな姿を造っていた

死んだじいさんは
よく倒したゴキブリを
火で炙っては棄てていた
油虫と云うくらいだからよく燃える
何遍それを説いただろう

鼾もないから身体もない
返事もないからこころもない
それでも尚こうしてやって来る
このじいさんのこれに
やれ如何なる言葉を充てようか

教えに倣って煙草の火を挿そうか
それもよそう
じいさんを乗せてきてくれたのだろう
命を尊ぶ事くらいしか
自分は優しさを持ち合わせていないのだし

ゴキブリは返した踵で影を払うと
風も待たずにノソノソとかえっていった


すがり、いのり、しゃにむに



僕はどこにいるのだろう

夜 一人の部屋
だってそうだろう
あきれた声が聞こえる
ここにいるじゃないか

それでも僕は
しゃにむに指を動かす
インターネットの中に僕を探す
見つからない 今日もどこにもいなかった

気が付けば目には涙が浮かんでる

旅は永遠、別れは一時


君は、そうだったのか
足を止めて、目に涙をためたのか
僕と笑った帰り道
その時の風かおる

君は、そうだったのか
涙をこぼして、歩くのをやめたのか
君が迷った帰り道
その時から、風はかおるばかりだ

煙のように消えてしまったその音があったから
旅の道しるべにも足跡にもなっていたというのに

懐かしい記憶がやってくる
今一度、その時を静かに生きたいがため
風に身を任せ目を閉じる
そのまま、そのまま…

僕らはいつも笑って過ごした
これからも君はずっと笑うことになっていた
笑った君となら何度でも対話ができるはずだった
泣いた君とはついに対話ができなかった

絶対に出来ないことがある
依然として受け容れることは困難だけど
そんなことがこの世にあると
完全な不意打ちで突きつけられた

風はかおるばかりのままだ
手を引いてくれないし
背中を押してもくれやしないけど
ここで待つわけにもいかないだろう

僕らは笑って過ごした
その時間は確かに在ったが
今はそれしかないのが悔しい
僕はこうしてやっと泣いている

泣いた二人で会えるように
僕の書いたうたがあるよ

なびく旗に 風かおる


しかられて(仮)



今日の僕は
なんにもなかった
だから僕は
からっぽのままだった

たばこをふかしに屋上へ
いつもより遠くの街灯が
はかなく小さく
ジオラマのように感じられた

誰も押してくれなかった背中は
誰も押してはくれないままで
ただやすらかに
トンととぶことができた

おどろくべき速度で落下して
心臓はまだ屋上に置いてけぼりのようだった
それでも体は宙に浮いて留まった
確認したところ僕には翼ははえていない

約束の日に
君に伝えたい気持ちがさだまった