All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

月で曲が書ける時




僕はそっと煙草を吹かしに窓の外
君は黙って付いて来て
三月最後の月の灯りで
髪を洗う横顔が画になった

ああ
なにごともなき

明日も一日
何事もなき

僕は注意深く
目に見えない程小さく笑った

そして捧ぐは
視界の闇に負けない程の深い深い祈り

その訳は
深い闇に呑まれてしまったからだろう

この祈りは
ただ深い
何にという訳でない
ひとつの祈りはただ深い


スポンサーサイト

パンダの眼鏡




ここにいる

ここにいるとしか
言わないよ



それはね。

あたながここから
安心して離れていけるように



それはね。

あなたにみつけてほしいから






探して?

そこから、探して。



青く眩い雪のように
私が確かに大事に想った
優しいあかりがあるでしょう



それはね、

一緒に灯したの

あなたの氷の洞穴で

震えたかぼそい迷子のために



一緒に灯した
離れていけるように
みつけて
あなたのこころに

そこからみつけて
ここにいるから
見守っているから
あなたのこころ



九月一日



――もっと強い人だと思っていたのに
うぶな失望吐き捨てて
私はあなたを置いてけぼりに
ひなびた町を出ていった


自分の弱さ
棚に上げて


――この夏はひとりきりで過ごしたのだよ
九月の風が一息に
教えてくれて消えたから

小さな私
背伸びできるようになったよ
棚の上のそのために


やぎのえさ



丸めちまったネクタイを
ぽっけのなかでにぎりしめ
オリオン座の空 足早に

きみには電話の贈り物
ぼくにはポストに山羊の餌



「山羊の丘 遠いね おそろいの写真 ほしいね」

ぼくのぽっけに
きみのやさしさつめられた



丸めちまったネクタイの
つもりでにぎったやさしさを

ひろげて
飛ばして
風よ吹け

旅路のとちゅう 足早に

変わらずに




空を見ていて
はて、どういうことか
一人だったと気付く

近づいて
重なって
流れて

青い空と
白い雲

動かせないほど
大きな大きな白い雲
ずずず、と動いている




遠いね
でもね
理科で習ったような
途方もない距離とは思えない

不思議だな
きっとずっとジャンプできれば
手が届くんじゃないかと思うんだ

青い空と
白い雲

でも
やっぱり遠いのかな
なかなかピントが合わないや




あの雲は、遠くにいっちゃった・・・
遠くにいっちゃったけど、
もしかしたら最初から
手の届かないところにあったものなのかな

離れてしまってわかる距離なんて
微々たるものと考えると
なんだかやりきれないなあ

青い空と
白い雲

白い雲
影と重ねる
懐かしさ


高校生の呪縛



思い出せへん 思い出せへん
深く傷を負った日 きっとどこかにあったはず
たぶん死んだ時も あったんやろな


思い出せそうな感じ してるんやけどな
誰か助けてや あと少しやねん
誰かわからんけど おってくれたら おってくれるだけで
すっと入ってきて 元通りの自分になれそうな人が
どっかにおる気がするねん


笑顔で閉じこめてはる人
なんか気になる
呪われてはるんやろか
自分には関係ないけど


たった一人にしか届かへん
泣き方ができたらええんよ
すればええんよ

たった一人にしか届かへん
泣き方しかできんようになってまうんよ

呪いが解けたとき
きっと

流星と牛蒡の髭



いつからだろう?
何かしないと、眠れなくなっていた
か細くなった神経は、やれやれ牛蒡の髭のよう
全部全部、彼のせい

身体がほどよく 熱を帯び
身体がほどよく 疲労する
ベッドの中での ルーティン・ワーク

生産性も儀式性も
いまやどこにも見当たら無い
苦しくても続いていく
もがくさまを晒していく



あ、
果てていくことは
空想夢想の橋渡し

だから
むごいけど

引っ掻くように
擂り潰すように



それでも 秘密のそとでは 笑顔でお仕事
ましてや 彼と会えば 致す事を厭わない

もはやそれを道具と見ることに
(羞恥心を覚えるほど幼稚じゃない
罪悪感を覚えるほど甘い人生を送ってない)
なんて、気付くようになっていた

疲れているの、お互い様ね、果てたあと
あら、今宵はいよいよ煙草も吸えなくなったみたいね
いい気味じゃないの



だから私は決めたの
この時を終わらせてやらないって
放さない、これを赦さないって

ふと見上げた刹那、決まっていつも流星に出会えるように
そのくせ探しても、もう一つには決して出会えないように
調教するからね
頼りない偶然で縛り上げて、必然の鞭で引っ叩いて

冷たい風が頬に刺さる
芙蓉が咲き乱れた山の陰で
いつまでも

いつまでも