All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

ある種の失恋



そのやうにして訪れた宵は
からうじて、粉雪を、
掌(てのひら)で翫(もてあそ)ぶばかりでした。

蕩(とろ)かして殺めては、
温もりに裏付けられた生を
愉しんでいるのでありました。

田舎の夜空が在りしままで
在りしままの田舎で在れる路傍でね
一輪挿しのやうに真つ直ぐに
それでいて夜風などゆらゆらと真に受けながら

 粉雪は畳み掛けます
 冷たあく、淡あく、
 体温すら奪うことなく
 卒なく想ひは際立たせ

やはり違う生き物なのだな
人の気持ちは解らないな、と
共感の気持ちを諦めちまつたその刹那
これまで泣けもしなかつた
オートマタのその頬に、ただ慎み深く、
涙が流るるやうになつたのでありました


スポンサーサイト

パンダの眼鏡




ここにいる

ここにいるとしか
言わないよ



それはね。

あたながここから
安心して離れていけるように



それはね。

あなたにみつけてほしいから






探して?

そこから、探して。



青く眩い雪のように
私が確かに大事に想った
優しいあかりがあるでしょう



それはね、

一緒に灯したの

あなたの氷の洞穴で

震えたかぼそい迷子のために



一緒に灯した
離れていけるように
みつけて
あなたのこころに

そこからみつけて
ここにいるから
見守っているから
あなたのこころ